やってみせ、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば、人は動かじ

これは山本五十六(太平洋戦争時の連合艦隊司令長官)の言葉です。

「仕事は見て盗め!」なんて今では死語、若い社員にはまったく通用しません。

具体的に教えて理解させ、そして大事なのはできたら誉めてあげることです。

誉めることで社員は自信がつき成長するのです。

 

ちにみに、これには続きがあります。

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」

さらに

「やっている、姿を感謝で、見守って、信頼せねば、人は実らず」

リーダーとしての人材掌握術を見事に言い表していますね。